せどりに必要な最低限の道具とは?

せどりを行う場合、一定の道具を準備する必要があります。せどりを本業にしているような人や大きな額の収入を得ている人の場合、驚くほど本格的な道具をそろえている場合があるものの、初心者の場合、初めから道具にお金をかけることはできないと思います。そこで、ここでは、せどりを始める際に最低限、どの程度の道具を準備すれば良いのかご紹介します。

・パソコン
一見、せどりはスマホ一つでも可能なように思えますが、やはり、スマホだけでは行き詰まってしまいます。そのため、必ずパソコンを準備する必要があります。とはいっても、ハイスペックなパソコンは必要ありません。インターネットさえ行うことができれば十分です。
パソコンがあることで、Excelを活用し商品管理もスムーズに行うことが可能です。

・プリンター
プリンターもせどりには必要アイテムの一つです。プリンターがあることで、ラベルの印刷を行うことができ、配送手続きなどをスムーズに進めることが可能になります。その際、インクの予備やラベルシールの予備なども必ず準備しておきます。そうすることで、インク切れなどで作業が止まることはありません。

・撮影場所
せどりの場合、必ずカメラで撮影する作業があります。その写真の写り方によって商品の見栄えは大きく変わってきます。そのため、必ず専用の撮影場所を確保するようにします。

・梱包材料
商品を配送する際に必ず必要になる梱包材料。これも自分で準備する必要があります。
ダンボールにおいては、いくつかのサイズのものを購入しておくことをおすすめします。畳んで保管しておけば、さほど場所を取ることはありません。ダンボール以外にも、緩衝材・ガムテープ・梱包用の透明なビニール袋の準備が必要です。

・中古品の場合に必要なもの
中古品をせどり商品にする場合は、汚れを取り除く道具が必要になります。ラベルはがしをはじめ、エアーダスターなどを準備しておくと中古品の清掃に非常に便利です。

・まとめ
以上がせどりに必要な最低限の道具となります。もし、余裕があるのなら自分専用の作業台や商品を保管する専用の部屋またはラック。そのほか、パソコンデスクなどを準備することをおすすめします。そうすることで、より快適にせどり商品の出品作業を進めることが可能です。
また、車があると商品購入の際にも便利です。このようにせどりを始める際は、最低限必要なものから自分で必要と思うものまで準備してうえで始めることをおすすめします。